明治のきょう

7月 18

明治三八年 一九〇五年

陸軍の第十六師団が京都で編成され,のち深草に移駐する(現・京都聖母女学院本館)。

( 明治38 / 1905年 )

明治のきょう一覧をみる
トップ写真
昭和36年の祇園祭り(10)/京都写真連盟 岡本征平(「みんなで選んだ明治150年写真賞」候補写真より)

イベント情報

イベントカレンダーを見る

明治創業のお商売

島津製作所 技術 (明治8 / 1875年) 分析計測機器,医用画像診断機器,航空・産業機器などの製造・販売

明治を知る方に聞きました!

村田 文子さん写真 明治を生きた両親から学んだこと 村田 文子 さん 石灰セメント問屋 灰孝本店 看板の写真。右から左への記法。 灰孝本店と任天堂の基礎を築いた山内房治郎 山内 一正 さん

明治創業のお商売をされている方へ,本プロジェクトでは,明治期に創業された京都の企業を紹介しています。掲載の申請はこちら

コラム 京都のキセキ

明治の危機克服の軌跡、市民ぐるみで起こした奇跡

vol.07
蹴上発電所

インクライン西側に建つレンガ造りの建物が1912(明治45)年に造られた第二期の蹴上発電所です。第一期の発電所は1891(明治24)年に建てられましたが,第二期の発電所が建てられる際に取り壊され,その跡地に第三期の発電所が1936(昭和11)年に建てられました。第三期の発電所は現在でも稼働しています。

琵琶湖疏水事業は,当初,運河や灌漑用水としての利用が想定されていましたが,建設が始まると当時世界的に普及し始めていた電気の需要を見越して,水力による発電利用も加えられました。

事業の技師であった田辺朔郎と常務委員であった高木文平は,水力発電が運用されて間もないアメリカ・アスペンへ視察に行き,その技術を学びました。水力発電はまだまだ開発途上で先の見えない技術ではありましたが,そこに田辺たちは疏水の命運をかけました。結果,路面電車,街灯,西陣織といった産業利用など,京都は全国に先駆けて近代化の道を進むことが出来たのです。

コラム一覧を見る