コラム

vol.03 幼稚園,柳池幼稚園記念碑

我が国初めての幼児教育施設は,明治8年(1875)柳池(りゅうち)小学校校舎の一角に建設されました。同年12月校舎東棟の一部をこれにあて,「幼穉遊嬉場(ようちゆうぎじょう)」としました。開場の式典には,国重大書記官も臨席し,現在の幼稚園の前身が設立されたのでした。平成8年(1996),京都御池創生館(中京区柳馬場通御池上る東側)前に建立された柳池幼稚園記念碑には,「日本最初の幼穉遊戯場」と刻まれています。ところで,明治時代初期の社会において幼児保育は思うように定着せず,僅か開設1年余で閉鎖されてしまいました。その後,明治26年(1893)4月,柳池教育会の事業として私立柳池幼稚園が,小学校舎東棟に開園しました。翌年4月には公立となり,明治の幼児教育の奨励策は着々と実っていったのでした。