イベント情報

京都鉄道博物館企画展「鉄道遺産をたずねて~遥かなる時を越えてきた生き証人~」

実施時期

平成29年10月14日~平成30年1月28日

実施場所

京都鉄道博物館

展示内容

鉄道車両や施設は,造られた当時の最新技術の積み重ねにより発展してきました。普段何気なく見たり通り過ぎたりする駅・トンネル等には,明治時代や大正時代に作られたものも多く,貴重な鉄道遺産として全国各地に存在しています。本展では,各地に残る歴史的な建築物や土木建造物等を中心に,JR西日本管内にある鉄道遺産について紹介します。

展示構成

1,鉄道遺産って何だろう
JR西日本管内に広がる主な鉄道遺産をパネルや地図,年表等で紹介します。身近にある鉄道遺産の種類の多さとその分布が実感できます。
2,技術の結晶「鉄道車両」
当館で保存・展示している車両を中心に,日本の輸送を担ってきたSLから新幹線までの技術や特色を紹介します。

(左)「蒸気機関車部品の木型(9600形式用)」
(右)「0系新幹線電車模型(縮尺1/20)」

3,地域の顔「鉄道の駅」
通勤や観光で利用する駅ですが,駅には,ターミナル駅や地方の駅,高架駅等,様々な形や機能があります。知ると楽しく,身近な駅がより魅力的に見え,駅舎めぐりをしたくなるコーナーです。

(上左)「大阪駅の噴水小僧」
(上中)「神戸駅改築工事竣功図」
(上右)「2代目奈良駅舎外壁タイル」

(下左)「畝傍駅貴賓室照明具」
(下右)「旧山陽ホテルの外壁部材」

4,SL時代のシンボル「扇形車庫」
SLの全盛期には全国各地で見られた扇形車庫ですがSLの引退と共に役割を終えて次第に姿を消していきました。このコーナーでは,津山駅の扇形車庫等を例に挙げながら機能と役割,特殊な構造について紹介します。

「梅小路機関車庫」

5,広がる鉄道網「トンネルと橋りょう」
列車に乗っていると一瞬で通り過ぎてしまうトンネルや橋りょう。普段じっくり見ることが難しいこれらの構造物を図面や部材の一部を用いてその魅力を紹介します。

(左)「旧余部橋りょう製造銘板」
(中)「倉吉駅跨線橋部材・窓枠」
(左)「木津川橋梁工事写真(昭和3年2月)」

チラシ表

チラシ裏