イベント情報

京都市立芸術大学時田アリソン所長退任記念 日本伝統音楽研究センター第 51 回公開講座:「日本・イタリア ,二つの語り物 」の開催について

実施時期

平成30年2月11日 (日・祝 )

実施場所

京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベント ホール

この度,京都市立芸術大学では,日本伝統音楽研 究センター ・時田アリソン所長の退任記念として,公開講座「日本・イタリア,二つの語り物」を開催します。
本講座では,時田所長の長年の研究テーマである「語り物」※をテーマに,日伊両国の事例等を踏まえた国際的視野に立った講演の他,浄瑠璃の常磐津節と,明治時代に誕生した新しい語り物の浪花節の演奏も行います。
皆様の御来場をお待ちしております。
※「語り物」…色々なフシに乗せながら,ストーリーを音楽的に語る芸能のこと。

 

1.開催日時 平成30年2月11日 (日・祝 )
午後1時30分〜4時30分(開場は午後1時)
2.場所 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベント ホール
(京都市中区東洞院通六角下る御射山町262)
3.講座内容 ①講演
・『クロリンダの刀 ーイタリアの軍記語りとその語り手,今昔 』
フランシス・ビッジ(ジュネーブ高等音楽院教授)(通訳付き)
・『日本の語り物と世界の語り物』
時田アリソン(京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター所長)
②演奏
・常磐津節『将門』
常磐津小文字太夫,常磐津若音太夫(浄瑠璃)
常磐津都㐂蔵 ,常磐津都史( 三味線)
・浪花節『お民の度胸』
玉川奈々福(浪曲師),沢村さくら(曲師)
4.受講料 1,000円
5.定員等 200名(全席自由・要申込)
6.申込期間 平成30年1月11日(木)から2月7日(水)必着
※定員に余裕のある場合は,当日申込も受け付けます。
7.申込方法 はがき・FAX・Eメールのいずれかの方法により,①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④電話番号(FAX番号) ⑤「第51回公開講座 参加希望」と明記の上お申込ください。
※申込多数の場合は抽選とします。
8.申込・問合せ先 京都市立芸術大学 事務局 連携推進課(事業担当)
〔TEL〕(075)334-2204(平日 午前8時30分~午後5時15分)
〔FAX〕(075)334-2281
〔Eメール〕 public@kcua.ac.jp
9.主催 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

【時田アリソン 略歴】
豪州・メルボルン生まれ。1989年にモナシュ大学(日本研究学科)博士号。2014年京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター所長に就任。著書Japanese Singers of Tales:Ten Centuries of Performed Narrative(『日本の「物語の歌い手たち」上演される語り物の千年の流れ』2015年)により第33回田邊尚夫賞受賞,京都新聞賞(文化学術),第28回小泉文夫音楽賞受賞。他,著書多数。


日本伝統音楽研究センター
日本の社会に根ざす伝統文化を音楽・芸能の面から総合的に研究するため,京都市立芸術大学が平成12年に設置した国内唯一の公的研究機関。
新たな要素を取り入れながら独自の様相を今日に呈している,伝統文化の根底にある文化構造を解明するため,また,伝統文化が新たな文化創造の源泉となるよう,研究成果を広く伝え,愛好者の拡大に貢献しています。