イベント情報

京都市学校歴史博物館 企画展 近代日本の道徳教育 関連講演会

実施時期

2018年3月3日,10日,18日

実施場所

京都市学校歴史博物館

A 近代日本の道徳教育

企画展の内容を,より詳しく解説します。「昔の道徳教育は良かった」あるいは「昔の道徳教育は良くなかった」といったお話しをするのではなく,「昔の道徳教育はこうだった」ということを現物史料に基づきながら,できるだけ具体的にお話しします。

日時

A-1)3月3日(土)
A-2)3月18日(日)
14:00-15:30(開場 13:15)
*両日とも同じ内容です。

講師

和崎 光太郎(当館学芸員)

B これからの道徳教育ーいのちを問うー

今,子どもたちは?!――虐待,いじめ,不登校,低い自尊感情,脆弱な人間関係,社会性の欠如,夢を見いだせない閉塞感そして自殺…。こうした状況が指摘される今日だからこそ,子どもたち一人一人が自らのかけがえのない「いのち」を,いかに「生かそう」とするのかを生涯問い続け,豊かな人生を歩んでいける。そのような「道徳教育」を考えてみたい。

日時

3月10日(土)
14:00-15:30(開場 13:15)

講師

柴原 弘志(京都産業大学 教授)

会場

京都市学校歴史博物館(京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町437)2階講堂

定員

A 各100名
B 120 名
いずれも事前申込先着順/定員に達し次第受付終了
*お申込み方法は,チラシ2枚目をご覧ください。

対象

中学生以上

参加費

無料 (別途入館料が必要)
合わせて常設展・企画展 も当日ご覧いただけます
※手話通訳あり(10 日前までに要予約)


◆企画展◆
近代日本の道徳教育
2017年12月16日(土)〜2018年4月15日(日)


京都市学校歴史博物館 企画展 近代日本の道徳教育 関連講演会チラシ